キラープールのルール

ビリヤード初心者の方にもオススメ!

ハンデもつけやすく、初心者の方でもグループでも盛り上がるゲームです。

  • 手球(白球)と1番から15番の全てのカラーボールを使います。
    まず画像のグレーのように、カラーボールを組みます。(数字の順番は自由です)
    ピンクの線より左側の好きな位置に手球を置いて、スタートです。


プレイヤーは各自、決めた数のライフを持っています。
最初は各自
ライフ6つくらいでプレイしてみて、後でライフの数でハンデを付けると良いでしょう。

一球交代で撞きます。ただしブレイクの時のみ例外で、ブレイクして球が入らなかった場合、続けてもう一度だけ撞けます。

的球が入れば(ポケットできれば)セーフ。入れられなければアウトでライフが1つ減ります

【他にアウトになるケース】

通常のゲームでファウルとされるものは、アウトになります。

(例)球に体や手が触れてしまった、など。

①手玉を的球に当てられなかった②手球が穴に落ちてしまった③的球を入れても手球も穴に落ちてしまった場合(スクラッチ)もアウトです。

③の場合、落ちたカラーボールはそのまま落ちた状態にしておきます。

ファウルの場合、次の人は

①手球をピンクの線より左の好きな位置に置ける

又は

②手球を好きな位置に置ける

これはお店によってルールが違います。初心者さんは②のほうが簡単ですね。

最初にライフがゼロになってしまった人が負け、最後までライフが残っていれば勝ち

台上の球が全てなくなっても勝敗がついていない場合、スタート時と同じように球を並べ、ブレイクして続けます。

上級者と初心者の方がいる場合は、初心者の方は毎回手球を好きな位置に置くというハンデも良いでしょう。

また、撞く順番も勝敗を大きく左右しますので、1ゲームごとに順番を逆にしても面白いです。

※お店によってルールが異なることがあります。

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外のプールバーではメジャーなゲームだそうです。

キラー、キラーボール、などとも呼ばれているそう。

比較的短時間で大人数でも楽しめ、1人一球交代なので全員が楽しめますよね。

ぜひプレイしてみてください!分からない場合はアンセーズでスタッフがご説明致します。